グルコサミン

介護福祉士になろう

現在日本では、高齢化社会が急速に進んでいると言われています。このため、高齢者をいかにして若い現役世代が担うかということが今後の課題になってくると言われています。それまでは家族もそれなりの数がいたので、家族で高齢者の面倒をみることが当たり前でした。しかしこれからは、核家族化が進んでいることもあって、家族で高齢者の面倒をみることがなかなか難しくなってきます。そのような背景があって、介護福祉士の存在がクローズアップされるようになってきています。介護福祉士は、1987年に誕生した国家資格のことを指します。介護の世界における専門家と言うことで、介護サービスを中心に提供をしています。今後、介護福祉士に対するニーズはますます高まってくることが予想されています。

介護福祉士のやりがい

介護福祉士は、確かにハードな職業ではあります。例えば、入浴の介助や排せつの介助などが、介護福祉士の仕事の中には含まれます。正直、他人のことをそくせんしてやろうと言う人は少ないかもしれません。しかし一方で、ダイレクトに自分のやったことについて、感謝される職業でもあると言えます。排せつの介助をすることで、例えば同居をしている家族から「助かりました」などと言われることもあるでしょう。また介護をしてもらっている高齢者当人からも「ありがとう」と言われることも多々あります。入浴介助をすることで、「すっきりした」とか「気持ちよかったよ」と言われることもあるかもしれません。そのような場合に、自分の仕事がムダではなかったということを実感できるでしょう。実際このような感謝の言葉を言われることに、介護福祉士としてのやりがいを感じているという人はけっこう多いです。介護福祉士には資格があります。しかも介護福祉士の資格は国家資格になっています。今後介護や福祉の仕事に携わろうと思っている人は、介護福祉士の資格を持っていた方が就職に有利と言えるでしょう。また介護福祉士の資格を取得しておけば、新人教育を任されることもあります。介護という業界を自分がになっているということをより実感することができる所も、介護福祉士としてのやりがいと感じている人も多いようです。